敏感肌の洗顔石鹸としておすすめの固形石鹸7つの条件

敏感肌の洗顔石鹸(固形石鹸)を選ぶ時

固形石鹸

成分がシンプルで、低刺激であること。そして泡立ちがあり弱酸性であること。更にはアルコールフリーで抗アレルギー成分、天然由来の抗炎症成分が入っていることが必要です。この7つの条件を満たしている洗顔石鹸なら、敏感肌の肌を守ることが出来るのです。
洗顔石鹸は、多くの洗顔料の中でも栓助剤が天然成分から出来ているため、刺激が少なくて、出んがんの目的を果たすことが出来るのです。そのため、敏感肌の人でも使用が出来る可能性が高いことになります。

敏感肌の人の洗顔について

敏感肌の人は、お湯で洗顔をしてはいけません。それにより皮脂を落とし過ぎてしまうのです。そしてお湯が肌に対して刺激になってしまいますので、肌に対してダメージが強いです。
でも、だからといって冷水で洗顔をすることも望ましくありません。冷水の場合には、毛穴が引きしまるので良いと思う人もいるのですが、そうではないのです。洗い上がり30分などは一時的に引き締まりますが、それでふさがるわけではないのです。
冷水で急に肌を冷やすことにより、乾燥の原因になってしまいますので、敏感肌の人は、特にしない方が良いでしょう。やはりぬるま湯での洗顔が最適なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加